住宅ローン借り換えばフラット35がいいって本当?

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。
ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。
頭金が0円でもOK!と言った様な広告もありますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金の支配い額は物件金額の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。
繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。
繰り上げ返済をする事により、ローン元金を減らす事が出来ますので、元の借入額を減らす事が出来ます。
元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。
フラット35というローンは、今とても注目を集めているリフォームでも使える住宅ローンです。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがそんなフラット35の審査は、変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
住宅の価値を重視して審査を行います。
他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。

フラット35の借り換えは損?手続きや諸費用を分析! 【メリットは?】